« 《拝啓!輪島功一様!》 | トップページ | 《マタギの如く!》 »

2009年2月 1日 (日)

《失職中の若者よ!》

昨今、「派遣切り」や「倒産」で失職中の若者が12万4802人に達したと厚生労働省が1月30日に発表した。特に20代〜30代の若者が大半を占めていると云う。余談だが、何しろボクサー達の仕事もアルバイト社員がほとんどと云っていい。しかし、彼等は今の仕事を例え切られても直ぐに探して来るから立派である。これは所属ジムの紹介やジム仲間の横の繋がりがあるから選手や練習生には心強いのだ。私の知っているジムに所属する若者に無職の者はいない。ボクシングをやる上で仕事を選ばず何でもやる気があるからに外ならない。彼等には目的がある。リングに上がり戦って勝つと云うこと。そして、達成感を得たいと云うことだ。傍(はた)から見る人には、そんな「痛い目」にあって何になるんだと云う人もいる。よく云う「何であなたは山に登る!」〜と「そこに山があるから登る!」と単純明快な応え。それと同じなのだ。ボクシングと云うスポーツは若い内にしか出来ない。今、失職中の若者12万人以上の中にボクシングに目覚める者がいる筈だ。目標を持たない人生がもったいない。あんな仕事は合わない!こんな仕事は合わないでは、舵(かじ)のない船である。

|

« 《拝啓!輪島功一様!》 | トップページ | 《マタギの如く!》 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/27665391

この記事へのトラックバック一覧です: 《失職中の若者よ!》:

« 《拝啓!輪島功一様!》 | トップページ | 《マタギの如く!》 »