« 《“激突”〜そして決着!OPBF東洋太平洋ライト・フライ級王者・和田峯幸生(筑豊)対暫定王者・家住勝彦(レイスポーツ)》12月8日(火)後楽園ホール | トップページ | 《WBC世界バンタム級タイトルマッチ!/王者・長谷川穂積(真正)VS(12位)アルバロ・ペレス(ニカラグア)》12月18日・神戸ワールド記念ホール »

2009年11月26日 (木)

《☆因縁対決!内藤大助(宮田)対亀田興毅(亀田)》11月29日(会場)さいたまS・アリーナ

《因縁対決!内藤大助対亀田興毅》11月29日(会場)さいたまS・アリーナ
《因縁対決!内藤大助対亀田興毅》11月29日(会場)さいたまS・アリーナ
《因縁対決!内藤大助対亀田興毅》11月29日(会場)さいたまS・アリーナ

 内藤大助VS亀田興毅の因縁対決は、'07年10月11日、亀田の弟・大毅(当時=協栄)が挑戦した当時は、挑発舌戦を繰り広げた犬猿の間柄だった。その後、昨年7月30日の清水智信(金子)との試合が終わった後、リング上まで乗り込んだ亀田の対戦アピールが実を結んで実現にこぎつけた格好だ。

その後の内藤は、今年5月26日熊朝忠(中国)との5度目の防衛戦では、6回に熊の右フックでダウンを奪われ、8回にも腰を落とす散々な試合内容だった。海外であれば良くて引き分け。見た目の印象では負けていた。あの時はガードの甘さが露呈してしまった。今度の相手亀田は熊選手以上の技術力、破壊力を持つ実力者。内藤は余程の技術のスキルアップをしていなければ、一回りも若い亀田に翻弄されそうな気配だ。

そして、スタミナも重要になって来る。サウスポーでどんどんプッシュして来る亀田をどう防ぐのか。
今迄の内藤のガードでは狙い撃ちされる危険性もある。
何れにしてもKO決着と見るが、内藤に勝機があるとすれば、今迄以上の動きで得意の右をヒット出来るかどうかだろう。
先日の亀田の練習映像ではかなり出来上がりがいい。
トータルすれば亀田有利と見た。

〜そして、試合前に両者の舌戦も復活した!

“すべては11月29日に決着する!”

|

« 《“激突”〜そして決着!OPBF東洋太平洋ライト・フライ級王者・和田峯幸生(筑豊)対暫定王者・家住勝彦(レイスポーツ)》12月8日(火)後楽園ホール | トップページ | 《WBC世界バンタム級タイトルマッチ!/王者・長谷川穂積(真正)VS(12位)アルバロ・ペレス(ニカラグア)》12月18日・神戸ワールド記念ホール »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/32284347

この記事へのトラックバック一覧です: 《☆因縁対決!内藤大助(宮田)対亀田興毅(亀田)》11月29日(会場)さいたまS・アリーナ:

« 《“激突”〜そして決着!OPBF東洋太平洋ライト・フライ級王者・和田峯幸生(筑豊)対暫定王者・家住勝彦(レイスポーツ)》12月8日(火)後楽園ホール | トップページ | 《WBC世界バンタム級タイトルマッチ!/王者・長谷川穂積(真正)VS(12位)アルバロ・ペレス(ニカラグア)》12月18日・神戸ワールド記念ホール »