« 《☆山口真吾選手(渡嘉敷) 引退!》11月30日/後楽園ホール | トップページ | …ダブル世界戦決定!内山高志選手(ワタナベ)と細野悟選手(大橋)が世界初挑戦!…1月11日・東京ビッグサイト »

2009年12月 4日 (金)

…異例!井岡一翔(井岡)の世界前哨戦にWBA世界S・ウェルター級暫定王座の初防衛戦がセミファイナルに!…12月29日・大阪府立体育館(第1)

…異例!井岡一翔(井岡)の世界前哨戦にWBA世界S・ウェルター級暫定王座の初防衛戦がセミファイナルに!…12月29日・大阪府立体育館(第1)
…異例!井岡一翔(井岡)の世界前哨戦にWBA世界S・ウェルター級暫定王座の初防衛戦がセミファイナルに!…12月29日・大阪府立体育館(第1)
…異例!井岡一翔(井岡)の世界前哨戦にWBA世界S・ウェルター級暫定王座の初防衛戦がセミファイナルに!…12月29日・大阪府立体育館(第1)
…なんと!WBA世界S・ウェルター級暫定王者、石田順裕選手(34=金沢)の暫定初防衛戦がセミファイナルとなってしまった。井岡選手の9千人、1万人の集客力からすれば当然なのかも知れないが、それにしても異例中の異例と云える。なんとも関西らしい興行だ。
当初、石田陣営は8月30日の暫定王座決定戦でマルコ・アベンダーニョ(ベネズエラ)に勝って、正規王者のダニエル・サントス(プエルトリコ)との統一戦を目指していたが、目標にしていたサントスが11月14日の初防衛戦に1位のユーリ・フォアマン(ベラルーシ)に判定負けしてしまった為に、統一戦が白紙となって、今回の暫定王座初防衛戦の措置となった。
相手は同級WBA10位でフェデ・ラテン王者のオネイ・バルデス選手(34=コロンビア)
戦績は【29戦19勝(13KO)9敗1分】
…少々負けが多いが、かなりのハードパンチャーで左右フックに強打を秘めている選手らしい。世界戦経験者との試合も数試合あり、何れも判定負けしたが、諦めない粘り強い戦いに、相手選手も「もう二度と戦いたくない!」と云わしめるほど善戦したと言われている。石田選手にとっては同年齢のバルデスの粘り強さと強打に要注意と云うところ。

〈メインイベント〉
日本ミニマム級8位
井岡 一翔(井岡)
VS
WBC世界ライトフライ級9位
國重 隆(大阪帝拳)
…井岡選手は僅か3戦目で世界ランカーとの対戦だが、相手の國重選手とは以前スパーリングでグローブを交わしていて少なからず、手のうちは分かっているだろう。

國重選手は昨年6月14日にはメキシコでWBC世界ライトフライ級王者のエドガル・ソーサ(メキシコ)に挑戦したが8回TKO負けして王座奪取失敗。

その後、今年4月13日には日本タイトルへ挑戦。王者・嘉陽 宗嗣(白井・具志堅)との試合では接近戦で左同士で噛み合わなかったのか頭がぶっかり、嘉陽が両まぶた負傷で試合続行出来ず8回までの負傷判定になり不完全燃焼の三者三様の引き分けに終わって王座奪取ならず。

最近の試合は、7月26日8回戦でタイの若いルンニルン・サクポトーンとの対戦で3対0と勝利している。
國重選手のこれまでの戦績
【25戦20勝(2KO)3敗2分】

井岡選手にとってサウスポーの苦手意識はないだろう。前回の松本 博志(角海老宝石)も難無く倒している。
ただ、2試合とも早い回でのKO勝ちで長引く試合でのテクニシャンとの試合経験がない分不安もある。
26戦目と試合経験豊富な國重選手に対してどう対応するか楽しみだ。
國重選手の20勝のうちの僅か2KOと倒す強打は持ち合わせていない。ただ、テクニックでポイントを奪う選手なはずで、その技術の流れに嵌まるとなかなか倒すまでは追い込めないだろう。いかにその流れを崩すか、そこが鍵になる。井岡選手は勝利して世界ランクインと行きたいところ。

|

« 《☆山口真吾選手(渡嘉敷) 引退!》11月30日/後楽園ホール | トップページ | …ダブル世界戦決定!内山高志選手(ワタナベ)と細野悟選手(大橋)が世界初挑戦!…1月11日・東京ビッグサイト »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/32487574

この記事へのトラックバック一覧です: …異例!井岡一翔(井岡)の世界前哨戦にWBA世界S・ウェルター級暫定王座の初防衛戦がセミファイナルに!…12月29日・大阪府立体育館(第1):

« 《☆山口真吾選手(渡嘉敷) 引退!》11月30日/後楽園ホール | トップページ | …ダブル世界戦決定!内山高志選手(ワタナベ)と細野悟選手(大橋)が世界初挑戦!…1月11日・東京ビッグサイト »