« 《アジアの英雄!フラッシュ・エロルデのサイン》 | トップページ | 書き初めブログ!〜フラッシュ赤羽ジム拳士!虎視眈々と… »

2009年12月31日 (木)

《誉れ高きボクサー伝!比国の英雄〜フラッシュ・エロルデ》

《誉れ高きボクサー伝!比国の英雄〜フラッシュ・エロルデ》
《誉れ高きボクサー伝!比国の英雄〜フラッシュ・エロルデ》
《誉れ高きボクサー伝!比国の英雄〜フラッシュ・エロルデ》
《誉れ高きボクサー伝!比国の英雄〜フラッシュ・エロルデ》
★その昔、フィリピンにフラッシュ・エロルデと云う誉れ高き英雄のボクサーがいた。
今でこそマニー・パッキャオの名声は世界中を席巻しているが、パッキャオ本人もエロルデを尊敬して止まないのである。

そのパッキャオが日本人と対戦したのがフライ級時代 寺尾 新(八王子中屋)1回KO勝ち。
S・バンタム級時代 千里馬 鉄虎(千里馬神戸)5回TKO勝ちの2試合のみ。

しかし、エロルデは日本人との対戦が43回もある。

そして、1954年OBF東洋「日本、フィリピン、タイ(OPBFの前身=WBC配下)」の3カ国でのボクシング認定団体創設に貢献したにほかならないのであった。
これは、東洋から世界へと云うプロボクシング界のビジネスに足掛かりを作ってくれた恩人と云っても過言ではない。
おそらく、これだけの日本人と対戦したアジア人選手は他に見当たらないのである。

《日本人選手との対戦足跡》
★堀口 宏(堀口)'52年10/18(12R判定勝ち)OBF東洋王座決定戦の王座獲得。※伝説のボクサー・ピストン堀口の実弟
◆赤沼 明由(革新)'52年11/18(12R引分)
◆赤沼 明由(革新)'53年7/1(12R判定勝ち)
◆金子 繁治(笹崎)'53年8/8(12R判定負け)
◆田中 昇(京浜)'53年10/8(10R判定勝ち)
◆秋山 政司(極東)'53年11/26(10R判定負け)
◆中西 清明(AO)'54年1/21(10R判定勝ち)
◆大川 寛(極東)'54年4/21(10R判定勝ち)
◆金子 繁治(笹崎)'54年6/29(12R判定負け)
◆小林 克巳(日東)'54年11/20(8RKO勝ち)
◆秋山 政司(極東)'54年11/27(12R判定勝ち)
◆秋山 政司(極東)'55年1/12(10R判定負け)
◆金子 繁治(笹崎)'55年10/3(10R判定負け)
◆和田 秀美(日興)'57年2/5(5RKO勝ち)
★小林 秀人(協和)'57年4/27(12R判定勝ち)OBF東洋ライト級王座獲得。
★金子 繁治(笹崎)'57年9/24(10R判定負け)OBF東洋ライト級王座陥落。
★大川 寛(極東)'58年3/2(12R判定勝ち)OBF東洋ライト級王座奪回…
◆小林 久雄(帝拳)'58年9/2(12R判定勝ち)
◆石川 圭一(親和)'58年11/15(7RTKO勝ち)
◆中西 清明(AO)'58年12/27(3RTKO勝ち)
◆杉森 武夫(暁)'59年2/6(12R判定勝ち)
◆小林 久雄(帝拳)'59年10/7(12R判定勝ち)
◆池山 伊佐己(日東)'59年11/26(4RTKO勝ち)
★『'60年3/16/ハロルド・ゴメス(米国)NBA(WBA前身)世界J・ライト級王者に7RKO勝ちで王座獲得』
◆伊藤 八郎(革新)'60年7/9(5RTKO勝ち)
◆篠沢 作久次(笹崎)'60年10/17(12R判定勝ち)
◆小坂 照男(帝拳)'61年9/2(12R判定勝ち)
★小坂 照男(帝拳)'62年4/30(12R判定負け)OBF東洋ライト級王座陥落。
★小坂 照男(帝拳)'62年8/4(12R判定勝ち)OBF東洋ライト級王座奪回。
◆宮本 常富(日東)'63年6/1(9RTKO勝ち)
◆松本 隆(親和)'64年5/9(12R判定勝ち)
◆小坂 照男(帝拳)'64年7/27(12RTKO勝ち)
◆小坂 照男(帝拳)'65年6/5(15RTKO勝ち)
★沼田 義明(極東)'66年6/9(12R判定負け)OBF東洋ライト級王座陥落。
◆三上 富士男(三鷹)'67年4/25(10R判定勝ち)
★沼田 義明(極東)'67年6/15(15R判定負け)WBA世界J・ライト級王座陥落。
◆染谷 彰久(野口)'67年10/28(10R判定負け)
◆ジャガー柿沢(中村)'69年4/26(10R判定負け)
◆市原 功(青木)'70年5/16(9RTKO勝ち)
◆岩田 健二(金子)'70年6/27(10R判定勝ち)
◆三津山 立直(串田)'70年10/31(10R判定勝ち)
◆市原 功(青木)'70年12/18(10R判定負け)
◆市原 功(青木)'71年2/14(6RKO勝ち)
◆村上 広行(極東)'71年5/20(10R判定負け)〜※この判定負け後に引退。

WBA世界J・ライト級の王座を沼田義明(極東)に敗れるまで7年3カ月も保持したアジアの永遠の英雄である。そして、対戦した日本の選手達もその後の日本プロボクシング界の礎となった錚錚たる顔ぶれであった。

リングネーム
Gabriel “Flash” Elorde(ガブリエル“フラッシュ”エロルデ)

誕生日
1935年3月25日

死没日
1985年1月2日

日本人との対戦
43戦29勝(11KO)13敗1分

全戦績
117戦88勝(33KO)27敗2分

(BoXRec 参照)

|

« 《アジアの英雄!フラッシュ・エロルデのサイン》 | トップページ | 書き初めブログ!〜フラッシュ赤羽ジム拳士!虎視眈々と… »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/32803781

この記事へのトラックバック一覧です: 《誉れ高きボクサー伝!比国の英雄〜フラッシュ・エロルデ》:

« 《アジアの英雄!フラッシュ・エロルデのサイン》 | トップページ | 書き初めブログ!〜フラッシュ赤羽ジム拳士!虎視眈々と… »