« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年4月5日 - 2009年4月11日 »

2009年3月29日 - 2009年4月4日

2009年3月29日 (日)

《佐藤幸治選手(帝拳)が挑戦する〈WBA世界ミドル級王者〉フェリックス・シュトゥルム選手(ドイツ)は簡単には崩せない手強い選手だ!》

《佐藤幸治(帝拳)が挑戦する〈WBA世界ミドル級王者〉フェリックス・シュトゥルム(ドイツ)は簡単には崩せない手強い選手だ!》
《佐藤幸治(帝拳)が挑戦する〈WBA世界ミドル級王者〉フェリックス・シュトゥルム(ドイツ)は簡単には崩せない手強い選手だ!》《佐藤幸治(帝拳)が挑戦する〈WBA世界ミドル級王者〉フェリックス・シュトゥルム(ドイツ)は簡単には崩せない手強い選手だ!》☆OPBF東洋太平洋ミドル級王者の佐藤幸治選手(帝拳)が4月25日ドイツ(クレフェルト)で挑戦する王者フェリックス・シュトゥルム選手は、今やドイツのスーパースターと云っても過言ではない。…その彼の両親はボスニア・ヘルツェゴビナ(旧・ユーゴスラビア)の出身で戦乱から逃れてドイツのレバークーゼンへ辿り着いた貧しい難民であった。そんな貧しい家庭に育ったせいか心臓病を持つ貧しい家庭の子供にファイトマネーの一部を慈善団体に寄付していたりしている。こんな事からドイツ国民にスポーツ選手の優等生としても慕われている。1979年1月31日、レバークーゼン生まれの30歳。本名は(アドナン・チャテイッチ)…この選手は階級は違うがWBA世界S・ライト級王者のアンドレアス・コテルニク選手(ウクライナ)にボクシングスタイルがよく似ている。両者は偶然にも2000年のシドニー・オリンピック(ウクライナ)代表でコテルニクは(ライト級)銀メダリストだったがシュトゥルム(ドイツ)代表(ライトミドル級)は3回戦で敗退した。何と3回戦の相手は後に、プロ転向して(WBA・WBC・IBF・WBO)を全制覇したジャーメイン・テーラー選手(米国代表・シドニー銅メダル)だった。シュトゥルム選手のアマチュア時代は1998年ドイツ選手権ライトミドル級優勝。1999年も続いて優勝の2連覇。2000年ヨーロッパ選手権ライトミドル級優勝でオリンピック・ドイツ代表になった。オリンピックでジャーメイン選手のジャブ多用のアウトボクシングに完敗したシュトゥルム選手はジャブの重要性にきずき出入りの速い動きのアウトボクシングに目覚めたと云う。話しは戻るがコテルニク選手も徹底したジャブ多用でアウトボクシングスタイルでメダルを手にしてプロで王者になっても、そのスタイルを変えていない。シュトルム選手がジャーメインやコテルニクを真似ている訳ではなくアマチュアで育んだスタイルが自然とそう云う形に到達したと言える。ガンガンパンチを振り回す強打戦法より、動きで相手を弱らせて確実にポイントを取る戦法だ。見る側に取っては試合そのもののスリリングさは見劣りするが相手の動きを見て対応し、考えて試合をする頭のいいボクサーであろう。2001年1月27日プロデビュー。2003年3月8日IBFユースミドル級王座獲得。同年7月12日WBOインターコンチネンタルミドル級王座獲得。2003年9月13日WBO世界ミドル級王者ハビエル・ベラスコ(スペイン)に2対1の判定で勝って王座獲得。その翌年2004年6月5日には代役ながらWBOミドル級王者(2度目防衛戦)として米国(ラスベガス)デビューするが、何とあのオスカー・デラホーヤと対戦して一躍名を上げることとなった。試合は12回フルラウンドの戦いで、三者三様113対115の2ポイント差で惜しくも負けたものの大ブーイングが起こり、逆ではないかと新聞も書きたてた程に、その判定は微妙だった。シュトルムは予想通り左ジャブを多用して右ストレートや右カウンターを打ち込みデラホーヤの顔面は腫れ上がり、勝ったデラホーヤは(ぶざまな勝ち方だった!)と言った。…WBOミドル級王座を陥落したその後、2006年3月11日WBA世界ミドル級王者マセリノ・マッソー(ニュージーランド)に挑戦して12回判定勝ちして王座獲得。同年7月15日初防衛戦でハビエル・カスティリェホ(スペイン)に10回TKO負けして王座陥落。しかし、翌年2007年4月28日に再度カスティリェホと対戦して12回を戦い抜き3対0の判定勝ちで王座を奪い返した。戦前予想ではスタミナと強打を持つカスティリェホには勝てないと云われたが見事王座復活してシュトルムは安定域に入りつつある。…佐藤幸治選手は、この牙城をいかにして崩すか!難題は速いジャブと動きに惑わされるとついて行けない可能性がある。又、シュトゥルムの急な左スイッチの変則にも対応しなければならない。しかし、佐藤選手の強打が入れば倒れるかも知れないが?捕まえきれないようであれば勝利は難しい。どうやら打ち合いの先手を取るタイミングとスタミナ勝負になりそうだ。早い回で噛み合えばKO決着で佐藤選手。長引けば俄然シュトゥルム選手が有利と見る。お互いアマチュアの百戦錬磨からプロへと辿(たど)って来た者同士。佐藤選手は不利なアウェー戦でどう戦うのだろうか?果たしてこの勝負どちらに軍配が上がるか楽しみである。…因みにリングネームのシュトゥルムはドイツ語で〈嵐〉の意味。

| | コメント (0)

« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年4月5日 - 2009年4月11日 »