« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »

2009年6月21日 - 2009年6月27日

2009年6月25日 (木)

…WBA世界ミニマム級タイトルマッチ!(王者)ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)対(同級1位)高山勝成(真正)…7月14日(試合会場)神戸ワールド記念HL

…WBA世界ミニマム級タイトルマッチ!(王者)ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)対(同級1位)高山勝成(真正)…7月14日(試合会場)神戸ワールド記念HL…WBA世界ミニマム級タイトルマッチ!(王者)ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)対(同級1位)高山勝成(真正)…7月14日(試合会場)神戸ワールド記念HL…WBA世界ミニマム級タイトルマッチ!(王者)ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)対(同級1位)高山勝成(真正)…7月14日(試合会場)神戸ワールド記念HL…WBA世界ミニマム級タイトルマッチ!(王者)ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)対(同級1位)高山勝成(真正)…7月14日(試合会場)神戸ワールド記念HLゴンザレス選手は前試合の初防衛戦はフランシスコ・ロサス選手(メキシコ)と対戦したが、体調不良であわやの大苦戦。12回をなんとか戦いぬき、切り抜けて冷や汗の勝利。体調管理に若さが出てしまった試合だった。しかし、このゴンザレス選手22才と若いが小学生の頃からニカラグアの元3階級王者で英雄のアレクシス・アルゲリョから指導を受けて技術を叩き込まれた秘蔵っ子である。ハイテクニックとコンビネーションを駆使して戦う姿はアルゲリョ二世とニカラグアでは呼ばれている。最軽量ながら23勝(20KO)無敗で87%のKO率はアルゲリョの教えが生きているのだ。日本人選手との対戦も連続KOを16でストップされた松本博志選手(角海老宝石)、タイトルを奪取した新井田豊選手(横浜光)と高山選手で3人目。…ハードヒッターのゴンザレス選手は若さにまかせてKOを意識してパンチを振り回してくるに違いない。高山選手はその動作に順応し対応できればゴンザレス選手も焦りが出てくるはずである。パンチ力は及ばないものの出入りのスピードとテクニックには負けてはない。スタミナにも定評がある。まともに打ち合わずアウトボクシングに徹すれば高山選手にも勝機が見えてくるだろう。…強打でゴンザレス選手が畳み掛けて倒すのか?高山選手が強打を外して逆に打ちのめし元王者の意地でベルトを奪い返すのか?必見の試合になる!

| | コメント (0)

…WBC世界フェザー級王者・粟生隆寛(帝拳)初防衛なるか?〜対(同級1位)エリオ・ロハス(ドミニカ共和国)…7月14日(試合会場)後楽園HL

…WBC世界フェザー級王者・粟生隆寛(帝拳)防衛なるか!対エリオ・ロハス(ドミニカ共和国)7月14日・後楽園HL……WBC世界フェザー級王者・粟生隆寛(帝拳)防衛なるか!対エリオ・ロハス(ドミニカ共和国)7月14日・後楽園HL……WBC世界フェザー級王者・粟生隆寛(帝拳)防衛なるか!対エリオ・ロハス(ドミニカ共和国)7月14日・後楽園HL……WBC世界フェザー級王者・粟生隆寛(帝拳)防衛なるか!対エリオ・ロハス(ドミニカ共和国)7月14日・後楽園HL…粟生選手は1年以内に指名試合を義務付けられているが最初からこれをクリアして置こうと云う事になった。奪取するより遥かに難しいとされる初防衛戦である。ロハス選手は65%のKO率を誇るオーソドックスの右ストレートに強打を秘めた選手である。お互いアマチュアの出身だが粟生選手が79戦ならロハスは208戦206勝2敗と粟生選手の2、63倍もこなし国際大会でも世界選手権3位。パンアメリカン大会では現WBO世界S・バンタム級の無敗王者ファン・マヌエル・ロペス(プエルトリコ)を決勝で敗って優勝している。プロデビューは粟生選手より1年遅いがデビューの'04年3月〜'05年2月までの僅か1年で10試合10勝(9KO)の過密間隔な試合をこなしている怪物である。そして、'08年9月13日WBC世界フェザー級王座挑戦者決定戦にベテランのエクトール・ベラスケス(メキシコ)を12回大差判定で敗って今回のチャンスをつかんだ。粟生選手はロハス選手のフェイント気味の左ジャブから右ストレートの強打を繰り出して来るこのパンチを避けなければならない。まともに貰うと危険だ。ラリオスとは明らかに違った速い動きをして来る筈である。粟生選手は早い回にその動きに順応していく事が重要になってくる。簡単には勝たせて貰えそうもないが、とにも確にも、この難敵に勝たなければ先が見えて来ない。

| | コメント (0)

…WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積(真正)はV9なるか?〜対(同級4位)ネストール・ロチャ(米国)…7月14日(試合会場)神戸ワールド記念HL

…WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積(真正)はV9なるか?〜対(4位)ネストール・ロチャ(米国)…7月14日(試合会場)神戸ワールド記念HL
…WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積(真正)はV9なるか?〜対(4位)ネストール・ロチャ(米国)…7月14日(試合会場)神戸ワールド記念HL…WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積(真正)はV9なるか?〜対(4位)ネストール・ロチャ(米国)…7月14日(試合会場)神戸ワールド記念HL

…前回の長谷川選手は指名試合でブシ・マリンガ(南ア)を1回2分37秒のTKOでアッサリと終わらせV8を達成した。ここ3試合は2Round以内でのKOで退けてはいるのだが、しかし、果たして今までのように絶対的安定度で撃破して行けるのかどうか?得手してこんな時こそ落とし穴が待ち受けている。
対戦相手のロチャ選手は過去にタイトル挑戦はないものの地道に着実にランクアップして来た選手。とかくこう言った選手が怖いのだ。長谷川選手自身がそうだったように、世界初挑戦でウィラポン戦に勇猛多感に攻め入った時の長谷川選手とロチャ選手が重なり合う。いきなり挑戦が巡って来ると普段出ない力を発揮すると云うことだ。
技術面はさて置いて、長谷川選手はコンスタントに試合を消化しているのに対して、ロチャ選手は'08年11月21日(オスカー・アンドラーデ戦=10回判定勝ち)以来の試合で8カ月振りのリングである。
不安材料があるとすればこの試合間隔の空きすぎがどう影響するかだろう。
ただ、ロチャ選手は21勝(7KO)1敗でKO率は33%と低いが、'07年1月20日、日本人選手との試合経験もある後のタイ国王者ガーオナー・クロンパジョン(タイ=当時OPBF3位)との試合に1発打たれた後、ワンツーから左右フック連打を浴びせてダウン寸前まで追い詰めた。という具合に、ひつこさを発揮して打ち勝っている。結果は10回(3-0)の大差内容で判定勝ち。
長谷川選手の優位は動かないとみているが、ロチャ選手の打たれたら数倍打ち返すこの「ひつこさ」に要注意で今までの1発豪腕選手とは違うタイプであり油断は禁物と云う事。
しかし、これをクリアすれば2桁防衛も見えて来る。

| | コメント (0)

2009年6月21日 (日)

…番外編!たまには政治の話しでも!…

…番外編!たまには政治の話しでも!……番外編!たまには政治の話しでも!……番外編!たまには政治の話しでも!…
…百年に一度の大不況の嵐の中で、巷ではその話しで持ち切りだ。人員削減、給料カット、ボーナス制度廃止と居酒屋で飲んでいると、そんな話しが飛び交う。そして、とどのつまり、ありとあらゆる職業に連鎖的影響して会社の倒産も度々耳にする。これでは、世の中活気がないのはあたり前の話し。そんな中、政権交代があるのかどうかで実に世の中は騒がしい。
どっちにしても選挙で決まるのだ!友人の兄弟の話しを聞くと、兄が民主党支持で、弟が自民党支持らしいのだが!これから先、善くも悪くも国民一人ひとりの投票選択(これが重要)で政治も変わるかもしれない?〜が、しかし、だからと言って政治に頼ってばかりいられない。自分達の生活は、自分達で切り開くほかないのだ。景気回復か増々衰退か?栄枯盛衰〜世の常なり。
過去バブルが崩壊して数年後の1993年8月、衆院選に新党8党が入り乱れて結党。この選挙で自民党は敗北し野党側に。一党独裁政権から38年振りに政権が替わった。細川護熙議員が立ち上げた日本新党や他7党を取り込んで政権交代となり、細川内閣が誕生した。そして、閣僚経験なしで初めて総理大臣となった細川総理。
しかし、その細川内閣も佐川急便献金問題で1年ももたずして短命内閣で頓挫した。その後は大連立も足並みが揃わず衰退の一途で政権維持出来ず雲散霧消。折角クリーンなイメージで閣僚組閣に期待したが国民は裏切られてしまった。国民は、細川よ!お前もか!と言う心境だった。その後も献金問題は旧態依然としている。
1996年1月には自民党、社会党、新党「さきがけ」の3党連立で自民党が与党政権に復活したのだった。政権復活後の(第一次)橋本内閣から始まり、その後の自民党は公明党との連立で政権維持するが、重責全うする事なく取っ替え、引っ替え「首相」が代わると、今度は不祥事やスキャンダルで「担当大臣」が代わっていった。世界の目は、目まぐるしく替わる日本の閣僚人事の政治に信用失墜のていたらく。よくもここまで政権維持できたものだ。
近々、総選挙で結党13年目の民主党が政権を取ったとして、果たして世の中の活気を取り戻して景気回復となるのだろうか?期待半分、諦め半分。
あぁ〜どうなることやら?「運を天に任せる?」しかない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »