« 2009年11月8日 - 2009年11月14日 | トップページ | 2009年11月22日 - 2009年11月28日 »

2009年11月15日 - 2009年11月21日

2009年11月18日 (水)

《マニー・パッキャオ5階級制覇!》11月15日・試合会場(ラスベガスMGMグランドガーデン)

《マニー・パッキャオ5階級制覇!》11月15日ラスベガスMGM
《マニー・パッキャオ5階級制覇!》11月15日ラスベガスMGM
《マニー・パッキャオ5階級制覇!》11月15日ラスベガスMGM
《マニー・パッキャオ5階級制覇!》11月15日ラスベガスMGM
《マニー・パッキャオ5階級制覇!》11月15日ラスベガスMGM
《マニー・パッキャオ5階級制覇!》11月15日ラスベガスMGM
〈WBO世界ウェルター級タイトルマッチ〉
☆王者ミゲール・コット(プエルトリコ=29)対マニー・パッキャオ(フィリピン=30)。

…試合が開始されると、初回からコットが左ジャブを出して果敢に攻める。
2回からはお互いジャブの出し合いでパッキャオが右を出してラッシュでコットも応戦。

3回に入って間もなくパッキャオの右フックがコットの顎を打ち抜きダウンを奪う。あまり効いていなかったのか難無く立ち上がりコット持ち直す。

4回の終了間際にまたもやパッキャオがロープ際に追い込んで狙い撃つように左アッパーでコット2度目のダウン。
ゴングに救われたがこのダウンでコットはかなりのダメージを負った。
5回以後はコットが動き出しアウトボクシングに戦法を変えるがパッキャオの左右強打にコットは終始逃げるような形。

終始パッキャオリードで12回までなんとか持ちこたえたコットだったが左右連打を浴びたコットを見てレフェリーは試合を止めた。
コットはなすすべもなく顔を腫らして完敗に終わってしまった。
パッキャオの12回55秒TKO勝ち。
これでパッキャオの5階級制覇となり、益々名を上げた感じの試合だった。そして、この階級のスーパースターWBC世界名誉王者のフロイド・メイウェザーとの対戦話しが持ち上がって来た。

| | トラックバック (0)

« 2009年11月8日 - 2009年11月14日 | トップページ | 2009年11月22日 - 2009年11月28日 »