« 《フィリピンの英雄!マニー・パッキャオ2度目の立候補で晴れて下院議員選挙に初当選!》5月11日各紙発表 [No.165] | トップページ | 《5月19日はボクシングの日》5月19日/後楽園ホール [No.167] »

2010年5月19日 (水)

《目の覚める右フック一撃!内山高志選手完勝!》5月17日/さいたまコミュニティアリーナ [No.166]

《右フック一撃!内山完勝!》5月17日/さいたまコミュニティアリーナ
《右フック一撃!内山完勝!》5月17日/さいたまコミュニティアリーナ
《右フック一撃!内山完勝!》5月17日/さいたまコミュニティアリーナ
《右フック一撃!内山完勝!》5月17日/さいたまコミュニティアリーナ
《WBA世界S・フェザー級タイトルマッチ12回戦》

王者/内山高志(ワタナベ)
=VS= 同級13位/アンヘル・グラナドス(ベネズエラ)

…両選手リングに登場すると身長差で約13cm、リーチ差の12cmは歴然。

初回…左ジャブの出し合い。序盤、内山の右ボディーが身長差の違いでローブロー気味の場面も距離を詰めて左右ボディー、右ブローが決まりラウンド序盤から内山が有利な展開に。

〈2回〜4回〉3回には内山の強烈な右フックでグラナドスが一瞬腰を落とす。その後も左ジャブからボディー攻撃で完全に試合の流れを掌握。右ストレートも有効打。
5回…内山の右フックヒット。しかし、明らかに劣勢と見たグラナドスは体勢を崩しながらも右アッパー左右フックと繰り出す。中盤から終盤にかけても左ジャブ右ストレートと必死に盛り返しを試みる。このラウンドはややグラナドス。

6回…グラナドスは盛り返すと見られたが内山の左ジャブから右フックの強打を警戒して詰められず。
〜1分30秒過ぎ内山の左ジャブから強烈な右フックでグラナドスは前のめりにロープに頭を打ち付け“ダウン”
グラナドスは起き上がると左手で左膝を支えて中腰状態。
レフェリーのアバインザ(フィリピン)のカウント8で“カモーン”〜“カモーン”の呼び掛けに右手でロープを頼りに立ち上がったが、ファイティングポーズを取れずに試合を止められた。

目の覚める会心の一撃、右フックで倒した内山選手は正に異名通りの「KO′ダイナマイト」に相応しい演出をした。

【両選手の戦績】

内山高志
15戦15勝(12KO)無敗

アンヘル・グラナドス
27戦18勝(8KO)9敗

内山高志選手の次戦は暫定王者のホルヘ・ソリス選手(メキシコ)との統一戦が有力。
試合は9月に予定されている。
そして、ソリスとの試合をクリアした場合には、
その他にも対戦相手が2人浮上している。
☆元王者のホルヘ・リナレス(ベネズエラ)

☆島田雄大(ヨネクラ)
※島田選手は38歳で(JBC規定37歳定年制度)の規定に掛かっているが元日本ライト級王者で現WBA世界ライト級13位の位置にいるため特例として認められている。

統一戦が先か後かはまだ決定していないが何れにしても、またワクワクする試合になりそうだ。


|

« 《フィリピンの英雄!マニー・パッキャオ2度目の立候補で晴れて下院議員選挙に初当選!》5月11日各紙発表 [No.165] | トップページ | 《5月19日はボクシングの日》5月19日/後楽園ホール [No.167] »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/34765643

この記事へのトラックバック一覧です: 《目の覚める右フック一撃!内山高志選手完勝!》5月17日/さいたまコミュニティアリーナ [No.166]:

« 《フィリピンの英雄!マニー・パッキャオ2度目の立候補で晴れて下院議員選挙に初当選!》5月11日各紙発表 [No.165] | トップページ | 《5月19日はボクシングの日》5月19日/後楽園ホール [No.167] »