« 《続編パート2!ボクシング本〈一拳一会〉の買い支え商法!》…2ちゃんねる雑誌板【悪質!自費出版商法】応援ブログ! | トップページ | 《長瀬慎弥選手/日本S・ライト級タイトル前哨戦で判定勝利!》7月14日/後楽園ホール [No.172] »

2010年7月 2日 (金)

《日本S・ライト級1位長瀬慎弥選手(F赤羽)日本タイトル前哨戦!》7月14日/後楽園ホール [No.171]

《日本S・ライト級1位長瀬慎弥選手(F赤羽)日本タイトル前哨戦!》7月14日/後楽園ホール [No.171]
…長瀬選手は昨年12月8日アモル・ティーノ(比)戦の判定勝ち以来の試合となる。

'06年3月4日には日本王座挑戦も経験済み。当時の王者木村登勇選手(横浜光)に、この時10勝(6KO)1分け無敗で挑み、2度のダウンを喫しながらも諦めず向かっていく試合展開に歓声が沸いた。
この時初めての敗戦を味わう。

もうあれから4年以上の歳月が流れた。一時期怪我や体調不良で闘うモチベーションを崩しかけたが、それでも永い間上位を維持して、またもやトップコンテンダーに踊り出た。立派につきる。

本日対戦する生田真敬選手はノーランカーながらランキングボクサーとも2度対戦しているが、今一歩のところで引き分ける試合などがあり、ランクインにもうひと踏ん張りと云うところ。
〈みどころ〉
長瀬選手が一気にワンツーできっかけを掴み、持ち前の左右ブローで畳み掛けられるか、それとも生田選手が長瀬選手の強打を封じて、逆に得意の右ストレートをヒットさせ、試合の流れを変えられるかが見もの。
いずれにしても、長瀬選手は2度目のタイトル目前で落とす訳にはいかない大事な試合となる。

〈セミ〉
ズリ・カンナン選手の試合展開はいつも突拍子もない戦法で予測が付かないが、試合のたびに沸かせてくれる人気上昇中のハッスルボクサー。

上を目指している以上、本日は単なる消化試合ではない。
対戦相手の渡邉選手もランクインを狙って必死に挑んで来る。

〈みどころ〉
カンナン選手は左右ブローでポイントを重ねるタイプ。
左ストレートには強打を秘めているが、いつもあえて深追いはしない、しかし、ランクインを狙う渡邉選手は自ら打ち合いを挑んで来るはず。カンナン選手は上にアピールする為にも倒しに行く場面もあるかも知れない…

〈村中優選手(F赤羽)復帰戦〉
元ライト・フライ級9位村中優選手の2年ぶりの復帰戦は、いきなり'05年度全日本フライ級新人王で強打者(17勝中13KO勝ち)の奈須勇樹選手との対戦。この倒し屋にどう立ち向かうかが見もので2年のブランクを払拭出来るかどうか果たしてどうなる…


【試合当日のパンフレットから】

|

« 《続編パート2!ボクシング本〈一拳一会〉の買い支え商法!》…2ちゃんねる雑誌板【悪質!自費出版商法】応援ブログ! | トップページ | 《長瀬慎弥選手/日本S・ライト級タイトル前哨戦で判定勝利!》7月14日/後楽園ホール [No.172] »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/35615232

この記事へのトラックバック一覧です: 《日本S・ライト級1位長瀬慎弥選手(F赤羽)日本タイトル前哨戦!》7月14日/後楽園ホール [No.171]:

« 《続編パート2!ボクシング本〈一拳一会〉の買い支え商法!》…2ちゃんねる雑誌板【悪質!自費出版商法】応援ブログ! | トップページ | 《長瀬慎弥選手/日本S・ライト級タイトル前哨戦で判定勝利!》7月14日/後楽園ホール [No.172] »