« 《WBA14位ながら王座獲得の快挙!李冽理選手》10月2日/後楽園HL [No.182] | トップページ | 《石田順裕の正規王者ならず!》10月9日/メキシコ・テピク [No.184] »

2010年10月 3日 (日)

《日本S・フェザー級タイトルマッチ10回戦》10月2日/後楽園HL [No.183]

《日本Sフェザー級タイトルマッチ10回戦》10月2日/後楽園HL [No.183]
《日本Sフェザー級タイトルマッチ10回戦》10月2日/後楽園HL [No.183]
〈日本S・フェザー級タイトルマッチ10回戦〉

王者
三浦隆司(横浜光)
−VS−
同級1位
稲垣孝(フラッシュ赤羽)

…プーンサワット対李冽理の前座で行われた試合に、私しが試合用パンフレットの選手紹介で2度書かせてもらった稲垣孝選手が日本王座に初挑戦した。

試合は身長リーチで王者を上回る稲垣選手が右強打で一泡ふかすかと思われたが、どちらかと言えばスロースターターの選手である。

序盤から王者三浦の早い回で決着したい思惑で積極的に攻め入られた。

稲垣は2回と3回に右フックでダウンを奪われたものの、屈せず右で応戦。

試合は稲垣の右ストレート反撃で9回まで持ちこたえる形となった。
しかし、ダウンで蓄積したダメージで踏ん張りきれなかったのか、今度は王者三浦の左ストレートがヒットして再びダウン。
レフェリーはここでカウントを取らず試合を止めた。

9回1分21秒で王者三浦のTKO勝ち。
4度目の防衛に成功した。

〜王者のハードパンチャー三浦選手の前に屈した稲垣選手は2度のダウンにもかかわらず試合を諦めなかった精神力は立派に尽きる。
この経験を活かして、再度挑戦して欲しいものだ。

|

« 《WBA14位ながら王座獲得の快挙!李冽理選手》10月2日/後楽園HL [No.182] | トップページ | 《石田順裕の正規王者ならず!》10月9日/メキシコ・テピク [No.184] »

ボクシング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/37069537

この記事へのトラックバック一覧です: 《日本S・フェザー級タイトルマッチ10回戦》10月2日/後楽園HL [No.183]:

« 《WBA14位ながら王座獲得の快挙!李冽理選手》10月2日/後楽園HL [No.182] | トップページ | 《石田順裕の正規王者ならず!》10月9日/メキシコ・テピク [No.184] »