« 《軽量級最強!ローマン・ゴンサレス》10月24日/東京両国国技館 [No.189] | トップページ | 《圧倒勝利!西岡利晃》10月24日/東京両国国技館 [No.191] »

2010年10月25日 (月)

《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館 [No.190]

《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館
《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館
〈ライト級ノンタイトル10回戦〉

元2階級制覇王者
ホルヘ・リナレス(ベネズエラ/帝拳)
=VS=
元2階級制覇王者
ヘスス・チャベス(メキシコ)

☆リナレスは前回7月31日の強打者ロッキー・フアレス戦も5回に左アッパーでダウンを奪って、3−0の大差判定勝ちを収めている。

今回のチャベスも元WBC世界Sフェザー級王座と元IBF世界ライト級王座の2階級制覇者である。
チャベスは王座を明け渡して38歳になったが、米国や本国メキシコではいまだに「マタドール=闘牛士」の異名で人気のあるボクサー。
闘牛士の異名通り接近戦を好み、懐に入って強烈な左右フックを放つ戦法はいまだに健在で、38歳になったとは言え世界ランカー上位者から避けられるほどである。

…試合が始まると序盤からリナレスが左ジャブから右ストレートを繰り出して好調な出だし。

2回に入ってもリナレスの攻勢は続くが時折チャベスも右カウンターで応戦。

3回チャベスがリナレスの懐へ入ろうとするがなかなか入っていけず、リナレスのワンツーで弾かれる形に。

4回のゴングが鳴ったところでチャベスが左肩に異常を訴えて棄権。
レフェリーが試合を止めた。

結果、4回終了のTKOでリナレスが勝利した。

〜もっと接近戦での激しい打ち合いになるかと思われたが、意外にも3回までリナレスの一方的な試合展開でチャベスの棄権で幕切れとなった。
ファンからすれば消化不良気味の試合だった。

別な見方をすれば、老練百戦錬磨のチャベスであってもリナレスの進化に太刀打ち出来なかっと見るべきだろうか。

ライト級での3階級制覇に期待がかかる。

【両選手の戦績】
ホルヘ・リナレス
30戦29勝(19KO)1敗

ヘスス・チャベス
52戦44勝(30KO)8敗

|

« 《軽量級最強!ローマン・ゴンサレス》10月24日/東京両国国技館 [No.189] | トップページ | 《圧倒勝利!西岡利晃》10月24日/東京両国国技館 [No.191] »

ボクシング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/37402465

この記事へのトラックバック一覧です: 《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館 [No.190]:

« 《軽量級最強!ローマン・ゴンサレス》10月24日/東京両国国技館 [No.189] | トップページ | 《圧倒勝利!西岡利晃》10月24日/東京両国国技館 [No.191] »