« 《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館 [No.190] | トップページ | 《完璧勝利!マニー・パッキャオ(フィリピン)》11月14日/米国テキサス州アーリントン・カウボーイスタジアム [No.192] »

2010年10月25日 (月)

《圧倒勝利!西岡利晃》10月24日/東京両国国技館 [No.191]

《圧倒勝利!西岡利晃》
《圧倒勝利!西岡利晃》
《圧倒勝利!西岡利晃》
《圧倒勝利!西岡利晃》
《WBC世界S・バンタム級タイトルマッチ12回戦》

王者
西岡利晃(帝拳)
=VS=
同級1位
レンドール・ムンロー(英国)

…試合は序盤から西岡が右ジャブを繰り出して、ムンローを寄せ付けない試合運びで始まった。

2回から3回〜評判通りのムンローの左右強打が炸裂する。西岡は数発ヒットされたが足でかわした。しかし、4回終了時点で見た目でも判る3−0の西岡リード。

5回〜西岡の強烈な左ストレートでムンローが、ぐらつく場面も持ちこたえる。

その後の試合の流れも完全に西岡が支配していった。
西岡はワンツー、右ボディー攻撃で寄せ付けない。

8回終了時点でも採点は3−0でリード。

10回ムンローの手数と動きが鈍ったところで西岡の右ストレートがヒットしてムンローが一瞬棒立ちになったが持ちこたえた。

11回、12回と西岡はKOを意識して猛攻したが、タフで試合を諦めず必死に左右で応戦するムンローを倒しきれなかった。

しかし、試合が終了しての印象は全てのラウンドで上回った感のある完璧な試合内容だった。
見せ場も5回と10回にあった。
ムンローも棒立ちになりながらも倒れなかった粘り強さは練習の積み重ねで得たものだろう。評判通りの最強挑戦者としての戦いぶりを見せてくれた。

判定とは言え、素晴らしい目に焼き付く、西岡選手の戦いぶりを見た。

採点結果
(119−109)
(119−109)
(119−109)
3−0で西岡の大差判定勝ち。
ジャッジは3者ともに10ポイント差の採点だった。

試合終了後には、長谷川穂積からタイトルを奪ったWBC世界バンタム級王者のフェルナンド・モンティエル(メキシコ)とのビッグマッチも浮上してきた。

【両選手の戦績】
西岡利晃
44戦37勝(23KO)4敗3分

レンドール・ムンロー
23戦21勝(9KO)2敗

|

« 《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館 [No.190] | トップページ | 《完璧勝利!マニー・パッキャオ(フィリピン)》11月14日/米国テキサス州アーリントン・カウボーイスタジアム [No.192] »

ボクシング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/37403005

この記事へのトラックバック一覧です: 《圧倒勝利!西岡利晃》10月24日/東京両国国技館 [No.191]:

« 《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館 [No.190] | トップページ | 《完璧勝利!マニー・パッキャオ(フィリピン)》11月14日/米国テキサス州アーリントン・カウボーイスタジアム [No.192] »