« 《石田順裕の正規王者ならず!》10月9日/メキシコ・テピク [No.184] | トップページ | 《清田祐三2階級制覇ならず!》10月11日/後楽園HL [No.186] »

2010年10月11日 (月)

《井岡一翔選手のタイトル初載冠!》10月10日/大阪府立体育会館第二 [No.185]

井岡一翔選手(井岡)の初タイトル奪取!
井岡一翔選手(井岡)の初タイトル奪取!
《日本L・フライ級王座決定10回戦》※井岡選手の同門宮崎亮選手のタイトル返上による決定戦。

(WBC・LF7位/WBA・LF9位)
井岡一翔(井岡)
=VS=
日本同級1位
瀬川正義(横浜光)

…井岡は序盤から右ストレート、左フックを繰り出して好調な滑り出し。

3回2分過ぎには右ストレートで瀬川からダウンを奪う。

瀬川も試合を諦めず、それ以後は持ち直して、逆に井岡をボディー攻撃で追い込む場面もあった。

しかし、9回に井岡のヒッティングによる打撃で瀬川が左目尻を裂傷。

10回に入って瀬川の流血がひどくなり途中から試合ストップ。
試合続行不可能と見たレフェリーが試合を止めた。

10回1分57秒のTKO勝ちで井岡のタイトル初載冠となった。
同じく初タイトルに臨んだ瀬川選手は井岡の勢いに弾き返された格好だった。
これで、井岡一翔選手の世界初挑戦も現実味をおびて来た。

尚、井岡陣営によると王者オマール・ニーニョ(メキシコ)サイドと交渉中であることも発表されて、年末か来年1月に大阪で世界戦を実現させたい意向を語った。

井岡一翔選手の世界戦国内最短王座奪取なるのか期待されているが、王者サイドとの交渉がスムーズにいくことを望みたいものだ。

【両選手の戦績】
井岡一翔
6戦6勝(4KO)無敗

瀬川正義
22戦19勝(8KO)3敗

|

« 《石田順裕の正規王者ならず!》10月9日/メキシコ・テピク [No.184] | トップページ | 《清田祐三2階級制覇ならず!》10月11日/後楽園HL [No.186] »

ボクシング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/37385914

この記事へのトラックバック一覧です: 《井岡一翔選手のタイトル初載冠!》10月10日/大阪府立体育会館第二 [No.185]:

« 《石田順裕の正規王者ならず!》10月9日/メキシコ・テピク [No.184] | トップページ | 《清田祐三2階級制覇ならず!》10月11日/後楽園HL [No.186] »