« 《長谷川と対戦するファン・カルロス・ブルゴスとは…》11月26日/日本ガイシホール [No.188] | トップページ | 《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館 [No.190] »

2010年10月25日 (月)

《軽量級最強!ローマン・ゴンサレス》10月24日/東京両国国技館 [No.189]

《軽量級最強!ローマン・ゴンサレス》
《軽量級最強!ローマン・ゴンサレス》
…西岡VSムンロー戦の前座で行われた試合は、リカルド・ロペスの再来と言われるローマン・ゴンサレスの2階級目の挑戦として、当初正規王者のファン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)へ挑むはずだったが、王者のレベコが腎臓結石で手術の為に試合が出来なくなり、キャンセルされて、急遽、暫定王座決定戦となった。

《WBA世界L・フライ級暫定王座決定12回戦》

〈元WBA世界ミニマム級王者〉
ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)
=VS=
〈WBA世界L・フライ級2位〉
フランシスコ・ロサス(メキシコ)

…ゴンサレスとロサスは因縁の2度目の対戦となる。
ゴンサレスはミニマム級王者時代の初防衛戦でベテランのロサスに2-0の判定で勝ったものの、ロサスの反撃にあって、散々な内容の僅差判定で「評判」を落とす結果となった。
今回は、その評判を打ち消し、軽量級最強を示す願ってもない最高のリング登場となる。

〜試合は初回からゴンサレスの左右強打の繰り出しから始まった。
しかし、ゴンサレスは勢いのあまりダウンとも成り兼ねない際どいスリップ。
立ち上がると効いた様子はない。
ゴンサレスはそこから多感に攻めて、ロサスをぐらつかせるが、持ちこたえて、ロサスも時折左右フックで応戦。
初回はゴンサレスが強打で圧倒した。

2回に入っても攻めを緩めない。
左ボディーから右アッパーでロサスからダウンを奪うと、立ち上がったところで、更に左右連打でダウンを奪う。
とどめは左ボディーで3度目のダウンを奪って試合終了。

ゴンサレスが2回1分38秒のKO勝ちで前回の鬱憤を晴らした格好で、暫定王座を獲得して2階級制覇に成功。

これで、ファン・カルロス・レベコとの統一戦が楽しみになって来た。

【両選手の戦績】
ローマン・ゴンサレス
26戦26勝(22KO)無敗

フランシスコ・ロサス
31戦21勝(12KO)8敗2分

|

« 《長谷川と対戦するファン・カルロス・ブルゴスとは…》11月26日/日本ガイシホール [No.188] | トップページ | 《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館 [No.190] »

ボクシング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151443/37469248

この記事へのトラックバック一覧です: 《軽量級最強!ローマン・ゴンサレス》10月24日/東京両国国技館 [No.189]:

« 《長谷川と対戦するファン・カルロス・ブルゴスとは…》11月26日/日本ガイシホール [No.188] | トップページ | 《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館 [No.190] »