« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »

2010年7月18日 - 2010年7月24日

2010年7月18日 (日)

《長瀬慎弥選手/日本S・ライト級タイトル前哨戦で判定勝利!》7月14日/後楽園ホール [No.172]

《長瀬慎弥選手/日本S・ライト級タイトル前哨戦で判定勝利!》7月14日/後楽園ホール [No.172]
《長瀬慎弥選手/日本S・ライト級タイトル前哨戦で判定勝利!》7月14日/後楽園ホール [No.172]
《長瀬慎弥選手/日本S・ライト級タイトル前哨戦で判定勝利!》7月14日/後楽園ホール [No.172]
◇日本S・ライト級タイトル前哨戦!◇

日本S・ライト級1位
長瀬慎弥(F赤羽)

=VS=

生田真敬(ワタナベ)


…試合が開始されると、生田選手がワンツーと前へ出て、長瀬選手が左右で応戦しながら様子見の展開。
3回まで一進一退が続いたが、4回に入ると長瀬選手がワンツー、左右ボディーブローで前に出て攻める。
6回あたりから生田選手はボディーが効いた様子でフットワークでかわす作戦。

時折、生田選手も左右で攻めるが単発。
7回〜8回もやや長瀬選手の執拗なボディー攻撃が有利と見えた。〜中盤から後半の長瀬選手のボディー攻撃が審判員に好印象を残した格好。

結果は(77−76)(77−75)(78−75)の3対0で長瀬選手が判定勝利を収めた。

〜これで長瀬選手は日本S・ライト級のトップコンテンダーとしての位置を留めることは濃厚で指名試合の確定を待つだけとなった。

…長瀬選手の同僚(元)ライト・フライ級9位で'08年度B級トーナメント優勝者の村中優選手は、強打者で'05年度全日本フライ級新人王の奈須勇樹選手(角海老宝石)を二年振りの復帰で見事に6回TKOで下した。
今後の活躍が期待される。

| | トラックバック (0)

« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »