« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »

2010年10月24日 - 2010年10月30日

2010年10月25日 (月)

《圧倒勝利!西岡利晃》10月24日/東京両国国技館 [No.191]

《圧倒勝利!西岡利晃》
《圧倒勝利!西岡利晃》
《圧倒勝利!西岡利晃》
《圧倒勝利!西岡利晃》
《WBC世界S・バンタム級タイトルマッチ12回戦》

王者
西岡利晃(帝拳)
=VS=
同級1位
レンドール・ムンロー(英国)

…試合は序盤から西岡が右ジャブを繰り出して、ムンローを寄せ付けない試合運びで始まった。

2回から3回〜評判通りのムンローの左右強打が炸裂する。西岡は数発ヒットされたが足でかわした。しかし、4回終了時点で見た目でも判る3−0の西岡リード。

5回〜西岡の強烈な左ストレートでムンローが、ぐらつく場面も持ちこたえる。

その後の試合の流れも完全に西岡が支配していった。
西岡はワンツー、右ボディー攻撃で寄せ付けない。

8回終了時点でも採点は3−0でリード。

10回ムンローの手数と動きが鈍ったところで西岡の右ストレートがヒットしてムンローが一瞬棒立ちになったが持ちこたえた。

11回、12回と西岡はKOを意識して猛攻したが、タフで試合を諦めず必死に左右で応戦するムンローを倒しきれなかった。

しかし、試合が終了しての印象は全てのラウンドで上回った感のある完璧な試合内容だった。
見せ場も5回と10回にあった。
ムンローも棒立ちになりながらも倒れなかった粘り強さは練習の積み重ねで得たものだろう。評判通りの最強挑戦者としての戦いぶりを見せてくれた。

判定とは言え、素晴らしい目に焼き付く、西岡選手の戦いぶりを見た。

採点結果
(119−109)
(119−109)
(119−109)
3−0で西岡の大差判定勝ち。
ジャッジは3者ともに10ポイント差の採点だった。

試合終了後には、長谷川穂積からタイトルを奪ったWBC世界バンタム級王者のフェルナンド・モンティエル(メキシコ)とのビッグマッチも浮上してきた。

【両選手の戦績】
西岡利晃
44戦37勝(23KO)4敗3分

レンドール・ムンロー
23戦21勝(9KO)2敗

| | トラックバック (0)

《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館 [No.190]

《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館
《ホルヘ・リナレス強敵撃破!》10月24日/東京両国国技館
〈ライト級ノンタイトル10回戦〉

元2階級制覇王者
ホルヘ・リナレス(ベネズエラ/帝拳)
=VS=
元2階級制覇王者
ヘスス・チャベス(メキシコ)

☆リナレスは前回7月31日の強打者ロッキー・フアレス戦も5回に左アッパーでダウンを奪って、3−0の大差判定勝ちを収めている。

今回のチャベスも元WBC世界Sフェザー級王座と元IBF世界ライト級王座の2階級制覇者である。
チャベスは王座を明け渡して38歳になったが、米国や本国メキシコではいまだに「マタドール=闘牛士」の異名で人気のあるボクサー。
闘牛士の異名通り接近戦を好み、懐に入って強烈な左右フックを放つ戦法はいまだに健在で、38歳になったとは言え世界ランカー上位者から避けられるほどである。

…試合が始まると序盤からリナレスが左ジャブから右ストレートを繰り出して好調な出だし。

2回に入ってもリナレスの攻勢は続くが時折チャベスも右カウンターで応戦。

3回チャベスがリナレスの懐へ入ろうとするがなかなか入っていけず、リナレスのワンツーで弾かれる形に。

4回のゴングが鳴ったところでチャベスが左肩に異常を訴えて棄権。
レフェリーが試合を止めた。

結果、4回終了のTKOでリナレスが勝利した。

〜もっと接近戦での激しい打ち合いになるかと思われたが、意外にも3回までリナレスの一方的な試合展開でチャベスの棄権で幕切れとなった。
ファンからすれば消化不良気味の試合だった。

別な見方をすれば、老練百戦錬磨のチャベスであってもリナレスの進化に太刀打ち出来なかっと見るべきだろうか。

ライト級での3階級制覇に期待がかかる。

【両選手の戦績】
ホルヘ・リナレス
30戦29勝(19KO)1敗

ヘスス・チャベス
52戦44勝(30KO)8敗

| | トラックバック (0)

《軽量級最強!ローマン・ゴンサレス》10月24日/東京両国国技館 [No.189]

《軽量級最強!ローマン・ゴンサレス》
《軽量級最強!ローマン・ゴンサレス》
…西岡VSムンロー戦の前座で行われた試合は、リカルド・ロペスの再来と言われるローマン・ゴンサレスの2階級目の挑戦として、当初正規王者のファン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)へ挑むはずだったが、王者のレベコが腎臓結石で手術の為に試合が出来なくなり、キャンセルされて、急遽、暫定王座決定戦となった。

《WBA世界L・フライ級暫定王座決定12回戦》

〈元WBA世界ミニマム級王者〉
ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)
=VS=
〈WBA世界L・フライ級2位〉
フランシスコ・ロサス(メキシコ)

…ゴンサレスとロサスは因縁の2度目の対戦となる。
ゴンサレスはミニマム級王者時代の初防衛戦でベテランのロサスに2-0の判定で勝ったものの、ロサスの反撃にあって、散々な内容の僅差判定で「評判」を落とす結果となった。
今回は、その評判を打ち消し、軽量級最強を示す願ってもない最高のリング登場となる。

〜試合は初回からゴンサレスの左右強打の繰り出しから始まった。
しかし、ゴンサレスは勢いのあまりダウンとも成り兼ねない際どいスリップ。
立ち上がると効いた様子はない。
ゴンサレスはそこから多感に攻めて、ロサスをぐらつかせるが、持ちこたえて、ロサスも時折左右フックで応戦。
初回はゴンサレスが強打で圧倒した。

2回に入っても攻めを緩めない。
左ボディーから右アッパーでロサスからダウンを奪うと、立ち上がったところで、更に左右連打でダウンを奪う。
とどめは左ボディーで3度目のダウンを奪って試合終了。

ゴンサレスが2回1分38秒のKO勝ちで前回の鬱憤を晴らした格好で、暫定王座を獲得して2階級制覇に成功。

これで、ファン・カルロス・レベコとの統一戦が楽しみになって来た。

【両選手の戦績】
ローマン・ゴンサレス
26戦26勝(22KO)無敗

フランシスコ・ロサス
31戦21勝(12KO)8敗2分

| | トラックバック (0)

« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »